ひとつ恋でもしてみようか

いつも同じようなことを言っている

紀州犬と冷蔵庫のなかの無線

Twitterアプリを削除して2週間くらいになる。Google Chromeツイッターを見ることもあるので、タイムラインを一切確認してないわけではないのだけれど、心の安定にとてもよい気がしている。

 

Twitterを見ない代わりに、テレビのワイドショーをよく見るようになった。これは情弱的な振る舞いなのかもしれない。しかしワイドショーは視聴率が欲しいという目的意識がハッキリしているので、見ていてモヤモヤすることが少なくてラクだ。TwitterのTLはノイズが多すぎて疲れる。

 

おもしろいニュースがたくさんある。ボクシングの山根会長は辞めてしまったので最近下火だが、他にもニュースは多数で話題に事欠かない。台風とゲリラ豪雨の天気ニュースは全国の視聴者が撮った動画が垂れ流されておりTwitterと変わらないのでおもしろくないけど、大阪の富田林市の脱走はあまりにずさんな警備に対する小倉智昭の「まあ、土日の警察署は閑散としてるし、他の業務もあるなか勾留された人間をずっと見てるのも大変だよね」という趣旨の、警察に対して妙に同情的なコメントに思わず笑ってしまったし、阿波踊りの騒動はきな臭すぎて下世話にニュースを掘ってしまう。

 

しかしなんといっても最近もっとも関心をもって見ていたのは、山口県周防大島町男児行方不明のニュースだ。今朝無事見つかったらしく、そのニュースにホッとした。自分も娘を持つ身になってはじめてこの手のニュースに接したからか、けっこう真剣に見ていた。発見の報を伝える「スッキリ」で大沢あかねが涙を流しながら2歳児はいかに見失いやすいかを話すのを聞いて、自分の娘が2歳になったら気をつけようと素直に感想した。ネットニュースでは「猛禽類に連れさらわれた可能性も」とあって、2歳児の小ささに想いを馳せた。

 

しかし、2歳児が田舎の山奥で3日間も飲まず食わずで生きられるものだろうか。特に衰弱してる様子もなかったという。発見したのが県外から捜索ボランティアでやってきた人だと聞いて、この人あやしいのでは、と思ってしまった自分の下品さにちょっと嫌気した。誰かに連れさらわれていた、と考えるよりも、アップサイド・ダウン(ストレンジャー・シングス)に行ってたのかも、と思ったほうが楽しい。そういう想像力を持ちたい。

この周防大島のニュースはほんとおもしろくて、特によかったのは、初老の女性が飼い犬に捜索させていたことと、防災無線が古い冷蔵庫のなかに収納されていたこと。女性は男児の匂いがついたなんらかのものを持って犬に嗅がせている。「紀州犬は鼻がいいから。ふだんは猟犬なんだけどね」みたいに話していて最高にキュートだった。元自治会長が防災無線で行方不明の男子に呼びかけるシーンがあったが、無線の機械は軒先に置かれた大きな冷蔵庫(運転してないはず)のなかに入っていた。

紀州犬と冷蔵庫のなかの防災無線は、この物語を豊かにするたまらないディテールだ。こういう細部を描けるかどうかだと思う、何がだ。

 

しかし、防災無線で息子に呼びかける母の後ろ姿を捉えたシーンには顔をしかめてしまった。あれはなんだかあまりにも情緒的な映像で、グロテスクだった。町や山を固定で捉えた映像に、無線を通して島中に響く母の声を乗せる編集にも嫌悪した。

 

 

というわけで、ワイドショーをとても楽しく見ている。