ひとつ恋でもしてみようか

いつも同じようなことを言っている

今日

サニーデイ・サービスのライブを見に渋谷に来た。早く着きすぎたので缶ビール片手に奥渋谷に向かい、緑道に座って飲む。妻と結婚するより前、なんなら付き合ってもいないころに、ここに並んで座ったのを思い出す。

 

暇つぶしにグーグルマップで現在地周辺を見ると、隣の路地に「中村警部補慰霊碑」というのがあるらしい。ググる

 

中村警部補は、1971年の沖縄返還阻止をめぐる「渋谷暴動事件」で中核派の学生・大坂正明らに鉄パイプで殴打され火炎瓶を投げつけられて死んだらしい。大坂正明は指名手配犯のポスターでよく見かける。

 

検索結果のページにふたたび目をやるとトップニュースのところに「黙秘一転、渋谷暴動事件の被告『大坂正明です』認める 6時間前」とある。驚いた。マップを開いて偶然見つけた「中村警部補慰霊碑」が、ちょうど今日配信された自供のニュースとリンクしてしまった。くらくらした。

去年逮捕されていた大坂正明と思われる人物はずっと黙秘していたが、今日になって自供したという。どういう気分の変化か、はたまた作戦変更か。

 

そういえば天皇が明日から沖縄を訪問するらしい。今上天皇としては最後の沖縄訪問になるだろう。このタイミングで大坂が「自供」したのは偶然かどうか。

 

そんなことはほんとうはどうでもよくって。

 

今日の空気のぐあいはサニーデイ・サービスを聞くのにとても向いている気がする。これからはじめてライブを見る。楽しみだ。

 

 

サニーデイ・サービス、最高だった。「花火」→「セツナ」の流れに思わず声をあげ、歌ってしまう。というか、しょっぱなの「泡アワー」から号泣。曽我部恵一の歌声が胸をわしづかむ。「金星」も「音楽」も大好きだったのでやってくれて嬉しかった。「冒険」の異様に長いアレンジが最高で笑ってしまった。

結果的には、『DANCE TO YOU』以降の楽曲を中心に組まれたセットリストに大満足。『DANCE〜』があったからサニーデイを聴くようになったのです。

娘の卒業式の日に書いたという「卒業」もよかった。曽我部さんみたいな父親になりたい。