ひとつ恋でもしてみようか

いつも同じようなことを言っている

住所変更、銭湯、図書館。

転居から4ヶ月くらい経ってようやく運転免許証の住所変更をした。

住所変更するために現住所の確認できる書類が必要だということで、役所に行った。ちょうどマイナンバーカードを失くしていたので、再発行してもらうことにした。最近いろんな企業からマイナンバーカードのコピーを要求されるが、転居の際、どこかに紛れてしまったらしく、見つからない。再発行には500円もかかる。しかももらえるまで1ヶ月かかるとのこと。結局、住民票ももらうことにした。合計800円もかかってしまった、アホらしい。

 

役所に行くとイライラしてしまう。職員は悪くない、煩雑なシステムにいらだつのだ、なのに、職員につっけんどんな態度をとってしまう。申し訳ないなと思う。でも、こんなシステムの運用に従事することで高給もらっているのだから、少しくらい八つ当たりされるのも仕事のうちだろう……と自己正当化しようとする自分に気づき、嫌気がさす。まだ27歳なのに老害の兆しだ。

それにそもそも役所の職員っていまどきは非常勤で安月給の人も多いと聞く。故郷で市役所勤めをしている友人の月給はおそろしく低かった。もちろんボーナスはあるだろうし、福利厚生もいいのだろうけど、それでも真面目に勉強して公務員になったわりにはしんどい現実だと思った。

みんな苦しいので、寛容でありたい。

 

隣駅近くにある警察署まで歩く。おそろしくさみしい町並みだった。色が薄い。低い山に囲まれた土地は死にかけていた。

f:id:massarassa:20180222002926j:image

 

f:id:massarassa:20180222002936j:image

f:id:massarassa:20180222002959j:image

寒々しい。

警察署もぜんぜん事件の起きなさそうな閑散としたところにぽつんとあった。けど、入って右手にある警務課の男は色黒でガタイがよく白髪は短く揃えられ、電話をしながら眼光鋭くおれを一瞥した。

住所変更はすぐに済んだ。

 

そういえばこの辺に銭湯があったことを思い出す。マップに従ってたどり着く。

f:id:massarassa:20180222003505j:image

こんな町に唯一の銭湯だから、期待してなかったけど、案外清潔感のあるいい銭湯だった。番頭の女性も上品な感じだった。

昼間の銭湯はやはり年寄りばかり。湯船はふたつ、ひとつはけっこう熱めで足先がジンジンした。もうひとつは日替わりの湯で今日は「米ぬかオリーブ湯」、ここはぬるくていつまでも浸かっていられそう。つるんとしたじいさんが、肌を撫で確かめながら長湯していた。おれは熱い湯に入ってシャワーで冷水を浴び、しばし休憩のサイクルを3回くらい繰り返した。なんやかや1時間近く過ごしてしまった。

近所にあったら明日も来るけど、徒歩40分なので当分来ないだろう。4ヶ月前は徒歩30秒のところに銭湯があった。髪の毛は部屋に戻って自分のドライヤーで乾かしていた。

f:id:massarassa:20180222004346j:image

気にいったので帰りにも写真を撮った。この銭湯をいぶかしんでいたのに入ってみたら愛着がわいたという感情の変化が、2枚の写真を見比べると分かる気がする。

 

あったまった体で、来た道を戻る。住む町の図書館にはじめて行く。住所変更した免許証を見せて利用カードを作る。

1階が児童フロアで2階が大人フロアという構成が珍しい。2階ではこの町に別荘をかまえるという石原慎太郎が寄贈した蔵書3000冊の一部が陳列されていた(陳列されているのはすべて彼の著作)。

仕事とプライベートの両方で役立つ本を2冊、最近興味をもった児童文学を2冊、『台風クラブ』のDVDを1枚借りて帰った。