ひとつ恋でもしてみようか

いつも同じようなことを言っている

はい。

最近なかなか洗濯物を干せなくて、明日着るものがないからコインランドリーにやってきた。

僕の他に誰もいないコインランドリーはうるさいくらい明るく、絶え間なく鳴るモーター音は心地よくて、案外仕事がはかどった。10分くらい時間が余ってしまったので、ブログを書いている。

新居に越して2ヶ月弱。まだ勝手がわからない。
朝の早いうちはベランダに日が照りつけるのだが、11時くらいには屋根に隠れてしまうので、早起きして洗濯物を干さなくてはいけない。朝起きるのは8時くらいなので、そこから洗濯機を回しても干すのは9時過ぎ、全然乾かない。ちょっとでも天気の悪い日が続くと洗濯かごはいっぱいになる。だからこうやってコインランドリーに来ている。妻はともかく、僕の持っている服の数は1ケタなので、困る。

明日ようやくエアコンが家にやってくる。エアコンの良し悪しはインターネットでちょっと調べても全然わからなかった。どれもいい感じにしか見えない。エアコン、洗濯機、冷蔵庫といった家電は、テレビやスピーカーみたいなのと違って、具合を確かめることができないから困る。
だから結局人の言葉に頼るしかなく、だったらインターネットの顔の見えない人たちの声に頼るよりは、家電屋の顔の見えるおじちゃんの言葉を信じて、えいや!と買ってしまう方が、諦めがつく。インターネットで口コミを見続けていると、どいつもこいつも違うこと言いやがってるので、混乱する。
エアコンを買った後、イヤフォンが壊れていたので新しいのを買った。こちらはイヤフォンをiPhoneにさせば自分好みの音を探せるので、思う存分一人で悩むことができた。視聴するときに使った音源は大森靖子の「draw(A)drow」でした。

ここまで書いたところで乾燥機がピーピー鳴き始めたのでおしまい。