ひとつ恋でもしてみようか

いつも同じようなことを言っている

きょうのこと

今日は目が覚めて「ひよっこ」を寝ぼけ眼で見てだらだらと目を覚ました後、昨日使った食器を洗い、麦茶を沸かしながら『賭博破戒録カイジ』の11巻から13巻まで読んだ。

 

「賭博黙示録」の方がおもしろかったなと思ったけど、パチンコをあんなにスリリングにぱらぱらと読ませるのはすごいなーと感心した。とはいえやっぱり「賭博破戒録」は大味だ。黙示録は人生のメタファーが心に突き刺さりまくったけど、破戒録は「カイジいいヤツ!」みたいなのが多くて少し鼻につくというか……黙示録の鉄骨渡りは最高だったな……。

ゆったり返却に間に合わせてツタヤにカイジを返す。

 

ひよっこ」再放送を見て豊子よりも早くクイズに答えた後、テープ起こしの仕事をする。俺とは全く違う、華やかな世界に生きる人たちの声を文字にする。

その人たちの名をネットで検索し、みなとても整った容姿をしていることを知るが、テープに録音された声からはそれらの外見は想像もつかない。

 

日が暮れたころにテープ起こしをようやく終える。シャワーを浴びて少しリラックスしてから、出来合いの夕飯を買ってきて恋人と食べた。それを食べながら「マツコの知らない世界」で食虫植物を見る。ご飯はそこそこおいしかった。

有吉弘行のダレトク!?」も見た。はなまるうどん行ったこと数えるほどしかないなーと思った。

 

あ、あと今日はスキマ時間で『サザンオールスターズ1978-1985』を読み進めた。

 

サザンオールスターズ 1978-1985 (新潮新書)

サザンオールスターズ 1978-1985 (新潮新書)

 


とてもおもしろいし、これのおかげで今まで聞いたことのなかった音源と見たことのなかったCMを見れた。最初期の桑田佳祐の喉を鳴らすしゃがれた歌声よりもちゃんと全身で声を出せるようになってからの歌声の方が良いという著者の気持ちには首肯しかねた。たしかに桑田自身も歌い方を変えてからライブでバテることがなくなったとどこかで言ってた覚えがある。それでも最初期の声を偏愛してしまった俺は初期を否定したくない。

サザンメンバー全員に思い馳せ、愛とリスペクトのある文章にとても好感を持った。

来週発売のアルバムめちゃくちゃ楽しみ。