ひとつ恋でもしてみようか

いつも同じようなことを言っている

「おれのおれによるおれのためのブログ」

ブログ書きたくないなあでも毎日書いてきたしなあ、ということできょうもようやく書き出す。

 

芯から納得できる記事でした。タイトル通りの内容で、文字数も少ないので、ブログを書いても書いてもなんの進歩もない人なんかは読んでみるといいかもしれません。具体的なテクニックを教えてもらえるわけじゃないですが、毎日書いているのになんの手応えもない人は立ち止まるいいきっかけになるでしょう。




この記事に従えば、文章のお手本も学習意欲もなく、アドバイスをくれる人も持たないぼくの文章がうまくなるわきゃないんですよね。とはいえ、ぼくはじぶんの文章がけっこう好きで、読まない奴らは損してるくらいにしか思っていないので、上手くならなくたってあんまり問題ないです。

そもそも、伝えたい想い、アイディア、っていうのがないので、コミュニケーションの代用として文章を使っていないので、ブログが読まれないのは悲しくないです。ただ腹立たしさみたいなのはあって、なんであんなつまんねえブログがウケてておれのが見向きもされねえんだ、って憤りはつねに持ってます。しかし、クソみたいなブログに勝ちたいんなら、じぶんに気持ちいい文章なんて書くのは止めて、いったん人が読みたい文章を書く方向にシフトしなくちゃならんのだ、ということもなんとなく分かってて。だから、憤りはつねにありつつ、それを口にすることはあんまりしないようにしています。負け犬の遠吠えにしか聞こえないですもんね。負けちゃいないんですよ、あいつらより絶対おれの方がおもしろい、少なくともおれにとっては。でも人はそうは思わないでしょうから。

 

唐突に過去の自分の文章をリンクします。


毎日ブログを書くようになったころnoteに残した文章です。以下、そこからの引用。

なんで文字を連ねたいのか、文章がうまくなりたいからです。なぜ文章がうまくなりたいのか、それはわかりません。うまくなったところでどうなるものでもなし。ただ、いくつかの文章を人前にさらけ出してしまった手前、ここで退いたら「アイツはとつぜんブログ始めたかと思ったら、もうやめちまいやがった。まあヘッタクソな意味不明の言葉しか書けない奴だったし、すぐ止めるだろうと思ってたよ」なんて言われかねません、そもそも言及さえしてもらえず、数秒後には消え去る小便の泡のような感想が浮かんでは消えるだけでしょう。

 
当時は半ば本気でそう思ってたと記憶しています。しかし、元々自分の文章は好きで、書いている時間もわりと好きだったからわざわざブログなんて始めたわけで。でも、とつぜんブログを頻繁に書き始めてアホみたいに自分語りしているのがなんとなく恥ずかしくて、そのエクスキューズとして書いた文章でもありました。



ぼくの敬愛する歌手の大森靖子は、じぶんの歌いたいメロディーがないから、じぶんで曲を作り始めた、というようなことを何度も言っていましたが、ぼくがブログをやっているのもそんな感じ。とはいえ、彼女は一昨年からメジャーで音楽活動をしていて、今は売れる音楽を作りたいと心から思っているよう。ぼくは歌いはじめたころの大森さんのような心境でブログを書いてるっちゅうわけです、たぶん。
敬愛してる人にじぶんをなぞらえるなんて傲慢ですが。


ここはカラオケボックスみたいなもんです。このブログはヒトカラと同じ。でも、閉じられた空間で歌ってても、じぶんのボックスに響く音と音の間に隣の部屋の歌声が聞こえてきますよね。そんな感じで、ぼくの文章が読まれれば十分です。いや八分くらいかな。

 

ぼくはよくひとりでカラオケに行って歌いまくります。そんなことをするのは、歌うのが好きだから、というのはもちろんですが、じぶんの歌声が好きだからでもあります。じぶんの歌声をiPhoneに録音して家に帰って聴きますもん。むかしは外歩きながらも聞いてたんですが、いちど間違えてスピーカーからじぶんの歌声を大音量で宮益坂に響かせてしまったことがあって、さすがに同じ過ちは犯したくないので家で聴いてます。

でも、じぶんの歌声を人に聴いてほしいという気持ちも同時にある。ヒトカラで部屋から漏れ出たぼくの声を聴いた女の子に「え、この人の歌めちゃくちゃ好きなんだけど!」って思われたいし、あるいはコンコンとノックして「わたしスカウトやってる者なんですが、あなたの歌声があまりにも素晴らしくてついノックしてしまいました。単刀直入に言いますが、プロとして歌ってみたいとは思っていないですか?」とか言われたい。これめちゃくちゃ気持ち悪い願望なので、誰にも言ったことないですが。誰にも言ったことのないぼくの願望知れてよかったですね。


こういう願望を持っていながらも、ボイトレに行くわけじゃなし、オーディションを受けることも、Youtubeデビューすることもない。そういうもん。

 

ちなみに、きょうのこの文章はいつもより読み手を意識しているので、じぶんではあんまり気に入ってない。