読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとつ恋でもしてみようか

いつも同じようなことを言っている

「彼女になりたかったけど、でももう大丈夫」

25歳無職男性だけどいまAvril Lavigne聞いてる。7年くらいつかっているウォークマンに入っていて、入れたきり聞いてない曲を消そうとおもって一度も聞かないまま消すのもなんだし、アーティスト名でAから未聴の歌手を聴き始めたらアヴリルさんがトップバッターになった。
いきなりHey Hey You You I don't like your girlfriend。サビの締めはI want be your girlfriendで、もしかしたらベッキーの応援歌だったかもしれない。それはともかく何にも考えずに聞けるこの感じ、ラクでいい。アヴリルさん、このウォークマンに残留させるか迷ってきた。

I want be your girlfriendってすごいなあとおもう。英語がまったくできないのでわからないけど、英語で告白しようと思ったら「あなたの彼女になりたいです」しかないんだろうか。

I’m in love with you.(I thinkをつけると「あなたに恋してるかも」と可愛いメッセージに!)
Be mine.
I want you to go out with me.
I want to be more than just your friend.
I fell in love with you at first sight.


胸焼けするほど熱い言葉が並んでいた。リンクは読まなくていい。読んだならごめんなさい。
案外いろいろと告白のためのセリフはあるらしい。よく外人は日本人みたいに告白して付き合うという過程がないって聞くけど、本当なんだろうか。



25歳無職男性だけど、四半世紀日本に生きて、女の人に好かれたことは何回かある。2回面と向かって告白された。彼女らは「好きです付き合って下さい」と「好きだったよでももう大丈夫」と言ってくれた。


ちょっと前に学生時代の知人友人たちと再会する機会があって、そのとき「好きだったよでももう大丈夫」と言ってくれた女性とも会った。もちろん彼女にもいまおれが無職だってことは伝えたけど、どう思ったのかまでは聞けなかった。なにせ「もう大丈夫」って言われたとき以来の顔合わせだったので、そんなに多くは話せなかった。

しかし、むかし好きになった男が落ちぶれたのを見るのってどんな気分なんだろう、残念におもうのか、あのときおれは彼女を振ったからざまあみろと思ったか、好きだったことも忘れているか。
いずれにせよ、おれは会うのがとても億劫だったし、情けなかった。
おれのどこが好きだったのか聞きたいけど、そんなことできるわけはなし。

まるで過去の栄光にすがっている男の文章のようですか?そんな気はさらさらないんです。もうただただ情けないし申し訳ない。思い出は現在によっていかようにも変わるんだろうな、なんておもう。

40分のアルバムが終わる、このアルバムは消そう。現在のじぶんでウォークマンを再構成しよう。