読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとつ恋でもしてみようか

いつも同じようなことを言っている

きみのふぁぼがこわい

おれのふぁぼだって、もしかしたらこわいかもしれない。

ふぁぼと一口に言ったって、そのふぁぼの意図はふぁぼった人にしか分からない。純粋にそのツイートを気に入ったからかもしれないし、リンクの貼られたツイートだったらリンク先は後でチェックしようの「ふぁぼ」かもしれない。リプライの行き来を終わらせるための「ふぁぼ」もあるし、限りなく「いいね」に近い「ふぁぼ」もあるかもしれない。そういえば、ツイッターも「いいね」に変わったのだった。

で、さいきんこわいな、とおもう「ふぁぼ」があった。おれがまったく気に入られようとせず、ただ思わず吐いただけのつぶやきに対する「ふぁぼ」だ。意図がわからなすぎる。でもこのフォロワーから判断するに、たぶん、彼・彼女はこのツイートのどこかしらを本気で気に入ってくれている。でも、どこかわからない、それがちょっとこわかったのだ。

で、翻って、じぶんがふぁぼるときの基準について考えてみると、ガテンがいった。
おれはその人の人間具合が垣間見えてしまったようなツイートをふぁぼることがある。それはもちろん気に入っているからのふぁぼだ。けれど、それはもしかしたら本人からすると、たとえ匿名であってもあまり人には見せたくないじぶんの核心に近い部分だったり、ツイッター上のキャラと少しズレてしまっているある種のほころびだったりする。そういう核心やほころびが出てしまってことを人にバレるのは、あまり良い気分がしないかもしれない。でも、人間のそういう詰めの甘さみたいなものがかわいらしいのだから、おれはふぁぼってしまう。

おれはこの核心やほころびの溢れてしまったツイートに対する「ふぁぼ」をじぶんだけのものだとおもっていたのだけれど、それって傲慢なことだったのかもしれない。彼・彼女の「ふぁぼ」っておれの核心やほころびの発見のしるしなのかもしれない。

きみのふぁぼがこわい。でも、それだけがさいきんうれしいんですよ。おれの核心やほころびをもっと知りたいです。なかなかこういうことって、ツイッターでしかできないんですよね。