ひとつ恋でもしてみようか

いつも同じようなことを言っている

雑記

手帳買った

手帳を買ったがまだ開いていない。買った時は人生初めての手帳だと思っていたが、2度目だった。1度目は大学に入った時で、ブルーのポケットに入りそうなサイズの手帳を買った。 あの時は、この手帳が予定で埋まったらかっこいいな、と思って買ったのだった。…

生きてます

転居やら取材やら原稿やらで、しっちゃかめっちゃかな1ヶ月だった。恋人との同棲が始まったり、猫との共棲がスタートしたり、素敵なことも多かったので、それに関する心の流れみたいなものを書いておきたかったけど、日々にかまけて疎かにしてしまった。 し…

きょうのこと

この秋から恋人と同居する。部屋の契約はもう済んでいる。今日は俺ひとりで鍵を受け取り、部屋を確認してきた。東京から離れてることもあって、家賃のわりに部屋数が多い、3DK。がゆえに、ベッドをどの部屋に置くべきか迷っている。入居は2週間後。 日の暮れ…

マルシンスパに行った。

劇場の扉の前に着くと、ちらほらと人が佇んでいた。2人組かひとりきりの人たちが10組くらい、年配の女性もいれば、若い男もいる。 「到着したら電話してください」とメールで言われていたので電話をかけた。立ち話をしていた女性が電話を耳元に当てたので、…

ちゃんと

USBメモリーを無くしてしまったので、作業ができず途方にくれている。このまま見つからなければ、再度データをもらわなくてはならない。クソだ。締切まで時間も少ないというのに。 昔からよくモノを無くす。この悪癖まったく直らない、直さない。そろそろ直…

愛について(あなたの言い分しか信じません)

愛するとは信じること。愛してるから信じるんじゃない。「愛してる」は「信じてる」です。「信じてる」が「愛してる」とは限らないだろうけど。 愛する人が誰かに傷つけられたことを知れば、愛する人の言い分を100%信じる、信じてしまう。寄り添いたいと思う…

I love you

「I love you あとはつまらないことさ」(大森靖子「I love you」より)というふうにはいかないですね。 もちろん、I love youは人生の根底にある。いま側にいる恋人は俺の生活の基盤であって、彼女がいなかったら、他のことはぜんぶつまらなくなる。でもだか…

ローソンで請求書をプリントアウトする。請求書に捺印するためイートインスペースに座った。インクが乾くまで、窓の外を眺めた。 みっちりと暑い大気の中を人々が行く。腰が直角に曲がったおじいさんが杖をついている。俺は彼を自宅のベランダから何度も見て…

「頭が良い」は無価値

すごく頭が良いのになんら世の中に評価されてない人を見ると「もったいない」と思ってしまう。俺だったらその「頭の良さ」という価値を金や名誉に変えようと思ってしまうだろう。優れた脳みそを動かして何か作品を作って、世の中に問おうとするだろう。 なん…

「もっとしあわせになるぞ」

昨日の夜中、なんだかひとりエモい気持ちになっちゃって、「もっとしあわせになるぞ」なんてツイートしたら何人かにふぁぼられた。 もっとしあわせになるぞ— らさ (@massarassa) 2017年8月26日 一夜明けて通知によってこのツイートをしたことを思い出した。…

退屈

「退屈」が分からなかった。というか、俺みたいなだらしない人間が「退屈だ」なんて言っちゃいけないと思っていた。俺には「退屈」が贅沢なシロモノに見えた。自分の「退屈に思う気持ち」を見ないフリをしていた。俺に退屈はもったいない。 この世の中、図書…

トロピカルシャツ

今年の夏のお気に入りシャツはZARAで買ったビッグシルエットレーヨンボーリングシャツ。名前長え。まだ1回しか着てないけど気に入ってる。早くまた着たい。 ちなみに、こういうの。 こんなの、この夏まで俺には着れなかったよ。これまで俺は無地の白シャツと…

言葉

今日は恋人と近所の担々麺屋に行こうって言って部屋を出たのに、とりあえずの缶ビールを片手に散歩して気づいたらバーミヤンで酒飲んでつまみ食べてチャーハン食べて、ちゃんと担々麺も食べた1日だった。まんぷく。 隣のテーブルではママと幼い娘とおじいち…

カフェでビールを飲んでいるとき、つまみにオリーブの実を食べた。テーブルを囲んだ4人のなかで誰よりも早く俺がそれに手をつけた。もぐもぐと、果肉を種から引き剥がす。裸になった種を指でつまむ。それを種入れに落とす。その時「自分がついさっきまで口の…

晩夏

夏が終わっていきそうで嬉しい。 浴衣は着てみたいけど、混雑した花火会場には行きたくない。風呂上がり、縁側で浴衣着て夕涼みしながら枝豆と瓶ビールやってみたい。そういうサービスしてる場所都内にないのかな。子供は蚊帳の中で昼寝しててほしい。別に俺…

ワンルーム

西側のドアを開き、玄関で靴を脱ぎ、短い廊下を抜けたところにワンルームはある。ワンルームの東側には引き違い窓があり、そこを開けるとベランダに出られる。ベランダにサンダルなどの履物はなく、住民は素足でベランダに立ち洗濯物を干す。 ワンルームは角…

牛乳石鹸のCMのこと

牛乳石鹸の話題は、「ここで描かれようとしている主題はなんなのか?」という疑問と「これはCMとしてどうなの?」という問題を分けて話さないことには、どうしようもないと思った。 「主題はなんなのか」については俺なりの解釈は容易にできた。子供のころ憧…

御茶ノ水の聖堂

雨のそぼ降る御茶ノ水駅周辺を歩いていた、アテネフランセで映画を観た帰りのことだ。 前から気になっていた「ニコライ堂」こと東京復活大聖堂に入ってみようと恋人を誘った。 門を入り、建物の入口の前に立つとガラスの扉は閉まっていて、今日は閉まってい…

雨に唄えば

雨降る恵比寿の野外で『雨に唄えば』を見た。 偶然通りかかって知ったので、途中からだった。スクリーン向かって左側のカフェの店外席に座って見た。雨が降っていて一時中断していたが無事再開した。再開したところからラストまで見た。 俺の好きな「グッド…

酔ってる

俺はホッピー1本に対して中3杯必要なタイプの貧乏人なんですよね。こないだ地元帰ったら高校からの友人がホッピー:中=1:1(この書き方があってるか分からない)だったんで驚いた。そんな贅沢は許されないぞ。 で、今酔ってる。 ツイッターが140字だから、ここ…

モザイク

母はつまようじを使うとき、左の手で口元を隠し、右手に持ったその先端を歯間に潜りこませた。 その様子はなんだか、あるのにないように見せようとする不自然なモザイクのようで、子供の俺は母の配慮を小馬鹿にしたものだった。「モザイクのようで」と思うの…

バスタオルは何日ごとに取り替える?みたいな話題ってよく聞くけど、垢すりってどれくらいの頻度で交換すればいいんだろ。ちなみに俺はバスタオルは毎日洗ったものを使いたい派で、垢すりは1ヶ月は平気で替えない。あとで替えようと思う。 そういえば枕カバ…

「夏休みの宿題はギリギリまでやらないタイプ」は嘘

自分は「デッドラインギリギリまで頑張らない人間」だと、俺はずっと思っていた。夏休みの宿題、受験勉強、履歴書の提出など、いつも「ここで走り出さなきゃ間に合わない!」というところで腰を上げる。そうやってなんとか期限内に終わらせる……自分はそうい…

夏眠

夏は季節が目に入らない。暑すぎて何も見えない。俺にとって夏は、耳や肌や舌で感じるものだ。夏を捉えるのに目は役に立たない。なかなかやってこないバスを待つ。あごから汗を滴らせ、うなだれるばかりだ。夏を見ることは叶わない。花火大会なんか行きたく…

哲学

建築のことは本当に何も知らないけど、ハタチくらいまでは、なんで建築家ってのは哲学者めいたことを言うんだろうと、漠然と思っていた。 しかし最近は建築に哲学が必要なことが理解できる。「健康で文化的な最低限度の生活」に不可欠な「衣食住」に、哲学が…

素の自分

半年ぶりに友人Kと会った。27歳にしてはじめて恋人ができたとのこと。めでたい!「彼女の前だと素の自分が出せるんだよな」と言っていた。彼は27年間「素の自分」をどうしていたんだろう。高校時代の彼は素の自分だったんだろうか。 「素の自分」を恋人にさ…

ラスベガスに行きたかった

近所のビリヤード店が潰れた。大学時代、友人と通っていた店だ。 友人のチヨダをビリヤードに誘った。チヨダはからきし素人だった。俺は中学生の頃からたまにビリヤードをしていたので、ルールや基本的な打ち方などは身につけていた。 暇を持て余した俺たち…

久しぶりにウイイレやって思い出したこと

ゲームセンターでウイニングイレブンをやった。アーケードゲームなのにプレステのコントローラーが使えるのだ、知らなかった。 久しぶりにやったウイイレは(多分最後にやったのは2008年)とても難しくすぐに負けた。キーパーが全然キャッチしてくれないのはな…

ライブ会場で観客が歌うことについて

どうして小沢健二やフランク・オーシャンはフェスのステージでスクリーンにカラオケ状態で歌詞を出してまで、オーディエンスにシングアロングを求めるのか。自分の周りの客が歌うのをやたらと毛嫌いする日本のオーディエンスは一度ちゃんと考えるべき— 宇野…

「大人のロック」

さいきん佐野元春の「天空バイク」って曲が好き。 天空バイク佐野元春 & ザ・コヨーテバンドロック¥250provided courtesy of iTunes ビートルズの「Here Comes The Sun」みたいなギターのフレーズが聴こえて、シタールみたいな音が鳴るちょっとサイケデリッ…